玄米を食べたいけど美味しくないから続かないあなたへ。栄養万能な玄米がもち米のようにモチモチ食感で食べられる「寝かせ玄米」は試す価値アリ♪

寝かせ玄米

私は約1年前から糖質制限をしていますが、子育てで忙しいので朝はどうしてもパンになってしまいます。

昼は白米を少しだけ。夜は糖質はとっていません。

子育て中のママの中で、玄米を炊いて毎日しっかり食べている人って、いったいどれだけいるんだろう…?

朝は一日の中でも貴重な糖質をとれる食事なので、本当は玄米を食べたいところです。

でも玄米って正直苦手。。。

と思っていたらですね、「寝かせ玄米」が美味しいよ~という情報を聞きましたのでさっそく試してみましたよ♪

詳しくはこちらもっちもちで美味しい!寝かせ玄米

寝かせ玄米って?

寝かせ玄米

玄米を美味しく食べるには、やはり圧力鍋は欠かせません。

高価な炊飯器を購入すれば圧力鍋じゃなくても美味しく炊けるのかもしれませんが…。

私の義母は玄米派ですが、圧力鍋で毎回炊いています。

それでも私が食べると多少パサパサ感を感じてしまうんですよね^^;

そんな食べにくい印象の玄米ですが、この寝かせ玄米は圧力鍋で炊いてから3~4日間保温状態で熟成させることでもちもちの食感を生み出した玄米ごはんなんだそう。

栄養面でいえば、玄米は必要な栄養がほぼカバーできるパーフェクトフードなので、玄米を食べておけばおかずはある程度自由でOKとのこと。

私も普段は食事がかなり適当なので、そんなこと聞いちゃったらなおさら玄米を食べておきたいです^^

試食しました

寝かせ玄米

原材料は「玄米・はと麦・塩」のみです。内容量は180g。玄米は100%国内の契約農家から仕入れてるそう。

寝かせ玄米

食べ方は一般的なレトルトパックを同じ。点線の位置までフィルムをはがしたらレンジでチン(600Wなら1分30秒)するだけ。

寝かせ玄米

半分くらいの量をお茶碗に盛ったところです↓

寝かせ玄米

どうですか?見た目にも少し粘り気がありそうですね。
ではいただきます~。

寝かせ玄米

おおっ。パンフに書いてあるとおり、すごいモチモチしてる~!

これでもち米入ってないんだ?!

原材料を再度確認しても、もち米はやっぱり入ってないですね。

分かっていても「もち米入れたでしょ!?」って言いたくなるくらいモチモチしてますよ~。

なんか玄米の印象が完全にひっくり返りましたね。

確かにこれなら続けられそう♪

はと麦の香ばしい香りもして、噛みしめるたびに甘みとモチモチ感が楽しめるので、意識しなくても自然と噛む回数が増えますね。

ちょっとお米の実力を見直しちゃいましたね^^

ちょっと塩を足した方がいいかも

ちなみにですが…材料を見るとすでにお塩が入っているようですが、単体で味わうなら塩をひとつまみ振った方がいいと思います。

もちろんおかずがあればいらないでしょうけど、一度お塩を軽く振ってからこの寝かせ玄米を単体で食べてみてほしいですね。

お塩を少し足すだけでググッと甘みや香りが引き出される感じですよ♪

白米に比べてビタミン、ミネラル、食物繊維が数倍~12倍!

もう玄米のメリットは今さらという感じもしますが、改めて玄米と白米の栄養量を比べると玄米を続けよう!という気持ちが高まりますね。

ヘルシーなおかずをいろいろ考えるのはストレスですが、玄米でほぼカバーできてると思うとちょっとラクになりますよね♪

まずは食べてみて

寝かせ玄米

もち米が原材料に入ってないのにおこわを食べてるのかと思うくらいのモチモチ感は是非一度味わってほしいなと思います。

玄米生活を楽しく続けたい方は是非チェックしてみてくださいね♪

詳しくはこちらもっちもちで美味しい!寝かせ玄米

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加