「美爪の休日プレミアム」の使い方がすごい簡単で不器用な私にもできた♪美容成分入り&お湯でオフできる!おススメカラーは「クリア」です

美爪の休日プレミアム

子育てが始まってからというもの、爪はほったらかしの私。

もともと爪が強い方ではなく、ちょっと伸ばすとすぐに2枚に割れてしまうのでネイルを楽しむのは諦めていましたが、それでも自分の爪が視界に入るたびに

「ストーンつけたり色んなデザインのネイルを楽しむ余裕はなくても、せめてツヤツヤでお手入れしてる感のある爪を時短で手に入れられたらなあ~」

なんて思ってました^^;

そんなずぼらな私の願いを叶えてくれる「美爪の休日プレミアム」。

使用感などレポしていきますよ♪

詳しくはこちら美爪の休日プレミアム

美爪の休日プレミアムって?

爪にやさしい美容液ネイル

「美爪の休日プレミアム」はツンと嫌なニオイがしない、ウォーターベースの美容液ネイルです。

ケラチンやヒアルロン酸をはじめとする7つの美容成分が配合されているそう。

つけている間も、美容成分が爪の補修をしてくれます。私のように爪が弱い人にはありがたいです^^

洗濯や食器洗いなど、水仕事をしてるといつの間にか乾燥?で白っぽいスジが入って可哀そうな爪になってることがあるので…。

ネイルを楽しみながら補修してくれるのは嬉しい♪

ちなみに全成分はこちら。

美爪の休日プレミアム

使い方カンタン♪

使い方をお見せしていきますね。

バネが見えるところがキャップ部分です。外すとハケ部分が出てきます。

美爪の休日プレミアム

キャップと反対のお尻部分をカチカチとノックすると…。

美爪の休日プレミアム

↓こんな感じでハケに染み出してきます。

美爪の休日プレミアム

私が今回使ったのは「クリア」と「ミルクホワイト」の2色です。

美爪の休日プレミアム

で、使った感想ですが(画像を見てお分かりかと思いますが)私のおススメは断然「クリア」でした。

私がネイルケアのド素人&ズボラな性格が原因だと思いますが、ミルクホワイトをキレイに塗るには恐らく2度塗りが必要なんだと思います…。

子どもが小さいとそんな時間的余裕はないので途中で諦めて、ムラがしっかりそのまま残った薄づきのネイルを写真に撮ってしまいました^^;

その点、クリアはムラが全然目立たないし合わせる服も選ばないのでズボラな私にはぴったりでしたね♪

「クリア」はベースコートのみって感じですが、個人的には特定の色をつけるよりシンプルで好きなので^^

ムラ防止に2度塗りする手間をかけられる人で、フェミニンな服が好きな方にはミルクホワイトが似合うと思います♪

速乾性について

しっかりタイマーで測ったわけではないのですが、体感的には5分程度かかったかなという印象です。

ベースコートとトップコート合わせると完全に乾かすのに2時間かかったりするので、数分で乾くのは助かります!

ただしこれは「クリア」を薄塗りしたときの話なので、他のカラーをムラがないように厚塗りしたり、2度塗りしたりすると乾くまでもう少しかかるかと思います。

でも薄塗りとはいえ5分程度で乾いたのですから、かかっても30分はいかないと思いますが。

お湯でオフ

「美爪の休日プレミアム」のすばらしいところはお湯でオフできちゃうということなんですよね~。

やっぱりリムーバーはあまり頻繁に使わない方がいいですから…。だからといって長期間オフしないでおくと爪の負担にもなりますしね。

お湯をかけながら少しこすると、こんな感じでぺろーんとはがれてくれました^^

美爪の休日プレミアム

ちなみにお湯でオフできるからといって、お風呂に入ればポロポロとれてしまうかというとそんなことなはく。

お湯をかけながら「剥がそうと思って剥がさなければ」、お湯につけた程度で勝手に剥がれたりしませんので大丈夫ですよ♪

私はクリアが気に入ったので、クリアを塗ったまま普通に生活してますが、お風呂に入っても食器を洗っても問題なくキープできています(3日経過)。

筆ペン&お湯でオフだから忙しい人にピッタリ♪

最初は正直「もうちょっとデザインに高級感あるといいな~」と思ったんですが、使ってみると結構、いやかなり便利ですよね。

何かすべての特徴が私のためにあるっていうか。メリットしか感じない。

  • 時短(だって筆ペン式ですよ!?)
  • お湯でオフ(リムーバーいらず)
  • 美容液入り(私は2枚爪(泣))

うん。イイ。すごくいい。

ネイル命で、ハデに盛りたいって人向きじゃないかもしれないけど、私みたいに時間はないけど最低限のたしなみはしておきたい人にはピッタリだと思います。

そして個人的にはクリアがおススメです。

気になる方はチェックしてみてくださいね♪

詳しくはこちら美爪の休日プレミアム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加