とにかく香りがイイ!素材まるごとの味が楽しめて腹持ちもいいNY発のハウスブレンドグラノーラ。糖質制限が気になる朝食にも、夜のお酒のおつまみにもオススメ♪

ハウスブレンドグラノーラ

糖質制限ダイエットをするなら、炭水化物の摂り方は工夫したいところですよね。

白飯やパスタ・うどんなど雑穀が混じらないピュアな糖質はできれば避けたい炭水化物です。

でも雑穀ごはんを炊くのはハードル高いし、朝は時間がないので面倒なことはしたくない。。。

そんなときに雑穀やナッツを手っ取り早く食事にとりいれられるのはやっぱりグラノーラ!私も大好きです。普段はスーパーで売ってる大手メーカーのグラノーラを食べてるんですが、

アメリカ・NYで話題になって日本に上陸したというベイクド社の「ハウスブレンドグラノーラ」を食べたので感想をレポしますよ~♪

詳しくはこちらハウスブレンド・グラノーラ

NY発!ブルックリンのカフェ「ベイクド」のグラノーラ

数々のランキングで一位を獲得したという有名なグラノーラ。340g入ってます。

製品直輸入なので包装のラベルも全部英語。うーん。オシャレだー。

ハウスブレンドグラノーラ

見てください、ツヤツヤしたブラウン色。

そしてスライスでなく、丸ごとのアーモンドやレーズンがゴロゴロ入って見た目にも具だくさんですね(笑)さっそく食べてみましょ~。

ハウスブレンドグラノーラ

ベイクド社のグラノーラは香りが素敵♪

最初に封を開けたときに感じたのが香りの良さです。

じっくり焼き上げたナッツやオーツ麦の香ばしい香りとシナモンの甘い香り…。

いろいろな香りが合わさって、食べている間もふわっと鼻に抜けていきます。

私はいつも食べている大手メーカーのグラノーラは、残念ながら香りはありません。

好きで毎日食べているくらいですから別に気にしたことはなかったのですが、このハウスブレンドグラノーラを食べて目が覚めた気がします。

香りが良いと、こんなに食べ物の味わいに深みが出るんだなって実感しました。

大手メーカーのグラノーラと混ぜると美味しいかも!

↓これはベイクド社のハウスブレンドグラノーラと、私が普段食べているグラノーラとの比較です。左がハウスブレンドグラノーラ。右が大手メーカーのもの。

ハウスブレンドグラノーラ

見てお分かりかと思いますが、ハウスブレンドグラノーラは押し麦やナッツなどの素材がまるごと入り、量もふんだんにあります。

一方、大手メーカーのものは「パフ」と呼ばれる粉類(玄米粉・米粉・ライ麦粉など)の加工品が入っています。

昔、ポン菓子と呼ばれたものと同じです。

パフは専用の圧力釜で原料の数倍の体積に膨張させる加工品なので、ザクザクして非常に歯ごたえがいい一方で、とても軽くお腹にはたまりにくい特徴があります。

私が大手メーカーのグラノーラが好きな理由がこのザクザクした食感なんです。

その点、ハウスブレンドグラノーラは香ばしく焼きあがってはいるのですが、パフの食感に慣れてしまっている私には、もっとザクザクした食感がいいなーと思ってしまう。。。

そんな私にはパフが入ったグラノーラを混ぜるとちょうどよくなります^^

でもザクザクした食感はいらないから、じっくり素材をかみしめたいという人はそのままでいいと思います。

香りと風味はやっぱりハウスブレンドグラノーラ

先ほども言いましたが、私がハウスブレンドグラノーラで一番感動したのが香りのよさ・素材の風味なんですね。

私は大手メーカーのグラノーラをずっと食べてきていたので、グラノーラってこういうもんだと思ってました^^;

でもやっぱり具の量や質が違う。

最初にネットで具の質についての口コミを見たときは「ふーん」って感じだったんですが、確かに口コミのとおりでした。

ハウスブレンドグラノーラ

でも、毎日の朝食でいただくとなると多少割高…。。。^^;

そこで私はザクザクした食感が好き+経済的ということで、しばらくはいつものグラノーラとハウスブレンドグラノーラ2つを混ぜて頂くことにしました~♪

味は間違いなし。食べごたえありなので間食にも

素材がまるごとふんだんに入ってるので、少しの量でもお腹にたまります。

じっくり何度も噛みしめて味わえるのがイイ♪

ヨーグルトやフルーツなど朝食の定番と合わせるだけでなく、アイスクリームのトッピング、ワインのおつまみとしてオシャレなお皿に入れて楽しむのも良いですね♪(私が次にやろうと思ってる楽しみ方です^^旦那はウイスキー好きなので♪)

気になる方はチェックしてみてくださいね♪

詳しくはこちらハウスブレンド・グラノーラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加